花粉症時期の薬との付き合い方

月に一度コラムを投稿させていただいています。
「Lavender(ラベンダー)」という屋号で、布ナプキンやふんどしパンツなどを製作販売している、関根きょうこです。

3月…花粉の時期ですね。
私は花粉症の症状で、目が痒くて鼻水、くしゃみがとまりません。

以前読んだ本に、3月(春)は毒だしの季節、という事が書かれていました。

花粉症の方はどうしていますか?
薬で症状を和らげ抑えますか?それとも辛いのを我慢しながら過ごしますか?

私はなるべく薬を飲まず、くしゃみをして鼻水を出し、しょっちゅうかんでます(笑)
でも、これが出来るのは仕事や友人との約束が無い時くらいです。

それに目が痒くて擦っていると、肌がカサカサして痛くなるので目薬は欠かせません。

集中したい時、どうしても辛い時は薬に頼ります。
先日も、寒くなった時に油断して風邪をひいたみたいで喉が痛くなり、病院へ行き薬を処方してもらいました。
薬を飲むと喉の痛みが消え、鼻水も治まり快適でしたが若干ぼーっとしたり眠くなりはしたものの、ひどい鼻水から少し解放されただけで楽しかったです。

やはり何事にもバランスよく付き合い、無理をしないで頼れる時は薬に頼るのも一つの手段かな、と改めて思いました。

まだまだ花粉の時期は続きますが、上手に付き合いながら過ごしていきたいと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

**新しく布ライナーを販売させてもらう場所ができました♪**

さいたま新都心駅から徒歩約12分の所にある
さいたまメディカルタウン2階
『レスキューシエスタ』さんです。

他にもハンドメイド雑貨が置かれていて、雑貨を見に行く、買いに行くだけなら予約なしで気軽に足を運んでいただけます。

◆◇出店イベント◇◆
おけがわ手づくりマーケット

◇◆ラベンダー作品販売◆◇
minne | ハンドメイド・手作り・クラフト作品のマーケット

◇インスタグラム◇
Lavender・ラベンダーアカウント