自分の価値観を見つける方法

皆さん、こんばんは。
毎月、第一月曜日に「コーチング」をテーマに投稿しております高橋ちかです。

今の時代、SNSが生活の一部となり、別に芸能人・有名人じゃない一般人の私たちも、気軽に自分の生活を公開し、また他人の生活も見ることができるようになりました。

これによって、新しい交友関係が広がったり、学びや得られる情報も増えたりと、大きな恩恵を受けている一方で、他人の人生と自分の人生を比べて落ち込んだり、不満に思うこと、悩むことも増えているようです。

私も以前は、そういった情報にいちいち影響されて翻弄され、自分の人生なのに自分の意思を無視していたことがありました。
というか、自分が何を望んでいるのか、何をしたいのか、本当はわかっていなかったと思います。

コーチングを通して自分と向き合うことが増えたおかげで今は自分でコントロールすることができる様になってきました。

やはり、どんな時も一番大事なのは「自分の価値観」だと思います。

でも、その「自分の価値観」を多くの人は、実はわかっていなかったりします。

みんながこうしているからこれが良い、とか、私はこうした方が良いと言われてきたから、という思い込みでわかっている気になっていたり。

そもそも自分と向き合うという作業はめんどくさいですし、私は大の苦手でしたので、コーチングスクールでは苦痛な時もありました。

でも、「自分の価値観」がわからないと、ずっと他人の言葉や行動に影響を受け続けブレブレで生きていくことになるので、疲れます。
 

「自分の価値観」を見つける為には、「できごと」ではなくそこから得る「感情」に注目します。

私たちは何をするにも何をしても結局、その時の「感情」に満足しています。

好きなことや楽しいと思うことを書き出して、それをしている時の「感情」をありありと感じてみてください。

例えば、
コーヒーを飲むこと → ゆったりと落ち着く感じ
サーフィンをすること → 波に乗った時のワクワク感
企画の仕事 → 0から新しい物を生み出すドキドキ感
 

これを繰り返していると、自分の中で「これだけは譲れない」「こういうことを大事にしたい」「こういう自分でありたい」という核が出てきます。

逆に、それによって、自分が好きだ、楽しいと思っていたことは、実は思い込みや他人の価値観であり、本当に自分が望んでいたものではなかったということに気づくこともあります。

こういう感情にすぐに気づく人もいれば、常識的な人や思考が優位に働く人は、何度も何度も繰り返さないといけないかもしれません。

この作業を続けることで、他人の人生と比べることも減り、転職や結婚、住む場所など、どんな決断の時にもブレない自分でますます“自分自身にとって最高”の人生を歩めるようになると思います。

ぜひやってみてください。

ライフコーチングセッションについてはこちらへどうぞ。