自分に自信を持つ方法

みなさん、こんばんは。
毎月、第一月曜日に「コーチング」をテーマに投稿しております高橋ちかです。

色んな方とお話していると、「自信がない」という発言をけっこう耳にします。

女性はもともと男性よりも不安になりやすいらしく、だから「常に自信あります!」って女性の方が少ないのかもしれません。

でも、「自信」はあったに越したことがないと思うんです。

自信を持つことで、今までやったことのなかった新しいことに挑戦できたり、新しい世界が開けたり、上手くいくことも増え、自分自身も楽しく元気でいられます。

「自信を持つ」、「自分に自信をつける」ためにできることは色々ありますが、今日は私がより効果があると思うことを1つご紹介します。
 

まず、「自信を持つ」というと、「自信家になる」ような、なんかすごい自信満々な姿を想像してしまいがちですが、そういうことではなく、軽く「できそう!」「きっと大丈夫!」って自分に対して言える、自分にポジティブな印象を持っている姿をイメージ頂ければと思います。
 

そのためにできることの1つとして、

*褒められ体験、成功体験をストックしておく*

ということがあります。
 

実は、私たちは大それたことを成し遂げていなくても、日々生きて行く中で、人から褒められたり、上手くいったりしていることがたくさんあります。

まずは、そこに目を向ける癖をつけることがオススメです。

*「あなたといると楽しい/癒される/元気もらえるetc」
*「あなたのおかげで会議がまとまったよ」
*「ママの唐揚げが一番美味しい」

こういった自分が嬉しいと思うことを言われたらいちいち記録して残しておきましょう!
 

また、人から言われなくても自分が満足!嬉しい!と思った体験、

例えば、

*オムライスがめっちゃ上手に作れた
*17時までに終わらせようと思っていた仕事を15時までに終わらせた
*びくびくせずに外国人と話せた

というようなこともいちいち記録して残しておきます。
 

この褒められ体験、成功体験は、最近のことだけでなく、ご自身の人生を振り返って頂き、幼少期や学生時代のことも思い出せるなら思い出せるだけ挙げてください。
多ければ多いほど良いです。

そうすると、そのストックを見ているだけで
「私ってすごいわ!」
「なんで不安に思っていたんだろう?きっと大丈夫だ」
って思えるようになってくるんです笑
 

自信がある人っていうのは、無意識のうちにそういうところにばっかり意識が向いているんですね。

だから、記録していなくてもそんなストックが自分の中にできているのです。
そうなれば、人生、楽勝ですね笑

ちなみに、それでもなかなか見つからない、思い出せないっていう方は、家族や友達や後輩なんかに強制的に言ってもらってくださいね笑
必ずありますから。

また次回以降、自分に自信をつけるための他のお話をシェアしていきたいと思います。

個別セッションはこちらへどうぞ。