コンプレックスは自分で作り出す?

私が学んだコーチングスクールはアドラー心理学がベースとなった考え方、アプローチを実践していました。今回もアドラーの教えをシェアしたいと思います。

アドラーは、人間のすべての悩みは「対人関係の悩み」だと言い切っています。
私は、「そんなこと言い切れるのか?人の悩みは個人的なものも色々あるだろう?」と思ったのですが、よくよく追求していくと、一見他人は関係ないように見えることも、結局は他人の存在があるからこその悩みだったのです。

例えば、劣等感。
「私は特技もなく取り柄もない」
「私はもう若くない」など。。。。
こういった発言をしたことがあったり、耳にしたりした人も多いかと思います。

これらは、一見、その人自身の悩みのように見えますが、実際は他者との比較によって起こっています。
この世に自分一人しかいなければ、恐らく今の自分自身が普通で当たり前なのでそんなこと思ってもいないでしょう。

でも、この劣等感があるからこそ人は成長できたり努力できる部分もたくさんあるんですよね。

「劣等感」と似ていて違うのが「劣等コンプレックス」です。
「なんの特技も取り柄もないから、〜できない」
「もう若くないから、〜できない」
このように、自分が劣っていると感じている部分を言い訳にして、ただ「〜できない」と言うだけで努力もしない、何もしない。
これって、自分でそう決めているからなんだそうです。

以前にアドラーが言う、『人間は自分の「目的」を達成するために問題すらも自ら作り出す』というお話をシェアしたと思いますが、ここでもやはり目的論の話になります。

「本当にできないからやれないのではなく、何かの目的を達成するために○○というものを その言い訳に使っているに過ぎない」ということになります。
例えば、「私は特技もなく取り柄もないから、こんな仕事しかできない」という人がいた場合、それは、新しいことに挑戦するのが怖かったり、挑戦して失敗して傷つくのを恐れたり、周りから何か言われたり笑われたりしないか不安だったり、そういう経験をすることを避けるという目的を達成するためにちゃんと「特技もなく取り柄もない」という自分でいることを決めている、ということだったりするようです。
(ちょっと長ったらしくてわかりにくかったらすみません)

今回は劣等感、劣等コンプレックスのお話をしましたが、こうやってみていくとそういったことも本当に全て「対人関係の悩み」ってことになるんですね。
そしてコンプレックスについても、本当にできないからではなく、結局自分自身が目的を果たすために作り出しているものなんですね。(アドラーってけっこう厳しいこと言うなあと思ったりもしますが)

私も今までの人生で劣等コンプレックスを自ら作り出していたのかも、と思うことがありましたが今回は長くなりましたので、次回またその具体的なお話などさせていただこうと思います。